認定支援機関

認定支援機関

天笠税務会計事務所はいち早く経営革新等支援機関として認定を受け、各種取組りを行っています。

中小企業を巡る経営課題が多様化・複雑化する中、中小企業支援を行う支援事業の担い手の多様化・活性化を図るため、本年8月30日に「中小企業経営力強化支援法」が施行され、 中小企業に対して専門性の高い支援事業を行う営革新等支援機関 を認定する制度が創設されました。

認定制度は、
税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験が一定レベル以上の個人、法人、中小企業支援機関等を、 経営革新等支援機関 として認定することにより、 中小企業に対して専門性の高い支援を行うための体制を整備するものです。

天笠税務会計事務所も、平成25年に認定を受け経営革新等支援機関として登録されています。

認定機関を利用するメリットは大きく
1)保証料の減額や、金利の引き下げなど、融資条件が優遇されます。
2)創業補助金、ものづくり・新サービス補助金等の申請ができます。
3)優遇税制を受けられます。
4)経営改善計画策定にかかる費用を経営改善支援センターが負担してくれます。

<いまなら補助金獲得のチャンス!>

天笠税務会計事務所は、『認定支援機関』として、中小企業庁公募の補助金、特に、創業補助金、ものづくり・サービス補助金の申請支援に力を入れています。商工会議所、金融機関や他の認定支援機関との情報交換を常時行い、採択される申請内容のトレンドを押さえます。補助金の検討をされている方、『 認定支援機関 』である、天笠税務会計事務所へご相談ください!

<リスケしなくても返済額が減らせる?>

平成24年10月より、「経営力強化保証」制度の運用が開始されました。
この制度では、当初融資を受けていた元本を限度に、再び100%保障で借り換えを受けることが可能になり、リスケをしなくても返済期間が延長でき、現状の返済額を減らすことができます。

ただし、この制度の適用を受けるには『認定支援機関』の助言を受け経営改善書を作成したり、四半期ごとの金融機関への進捗状況の報告が義務付けられています。

この制度の適用をお考えの方、『 認定支援機関 』である、天笠税務会計事務所へご相談ください!

<認定支援機関による経営改善計画策定支援事業>

借入金の返済負担等、財務上の問題を抱えている中小企業・小規模事業者を支援するため、認定支援機関が経営改善計画の策定を支援し、企業の会計改善・事業再生を促進する事業が始まりました!

この制度の利用にご興味がありましたら、『 認定支援機関 』である、天笠税務会計事務所へご相談ください!

お気軽にご相談下さい!

<その他>

○補助金・助成金が受けられるか相談したい。
○借入や返済について相談したい
○事業計画を算定したい
○自社の財務状況の分析を行いたい
○税金の優遇制度を利用したい

取組み事例

平成27年度 小規模事業者持続化補助金

天笠税務会計事務所が自ら申請いたしました小規模事業者持続化補助金の採択が決まりました。

 

<補助金概要>

平成26年度補正予算<追加公募>(平成27年実施)

事業名『マイナンバー制に適合するクラウド会計・給与システムの導入促進』

 

従業員の処遇改善の取り組みを実施するため、補助上限額は100万円となりました。

 

申請書類の作成のみならず、実績報告書等の提出時における煩雑な書類作成、事実証明として添付する証票類の準備にいかに労力を要するかを、自ら申請者となり実感しました。

 

単に広く補助金申請者に対し、書類作成の支援・コンサルティングを謳うだけでなく、補助金申請による費用対効果、補助事業の有用性などを経営者とともに検証、申請の是非を行ってから、補助金申請の支援をさせていただきます。

 

お気軽にお問い合わせください。(担当:藤野)

 

 

 

平成26年10月 ものづくり補助金の申請サポートものづくり補助金

スマートフォンアプリ開発事業者様へサポートを実施し、採択されました。
お客様の声

ものづくりへの補助金制度があることは新聞等で目にしていましたが、当社には無関係のものと思っていました。御所に補助金申請のご提案いただいた時点ではダメでもともとの感覚でサポートを依頼いたしましたが、意見交換を密に行い、ビジネスモデルから開発アプリの特徴などを専門知識がない審査員にも理解できるよう図やグラフ等を多く使い工夫したところ、見事、採択されてしまいました。その後更に必要となる書類の作成等で非常にご迷惑をおかけしましたが、とても良い経験となりました。ありがとうございました。

平成26年8月 創業融資創業時資金調達

創業融資に関する事業計画策定をサポートいたしました。幣所は認定支援機関として事業計画の進捗をモニタリングし、報告書を継続・定期的に作成し、国民生活金融公庫へ報告することとなります。
お客様の声

個人でコーヒー専門店を開業するにあたり、国民生活金融公庫の【新創業融資】制度を活用し、設備資金・運転資金の融資を受けることができました。この融資を受ける際に提出が必要となる事業計画書の作成をどうしようかと途方にくれていましたが、所員皆さまの親身な対応で、迅速に作成いただけました。また税金のことに留まらず、店舗運営に関しても様々なアドバイスが頂け、今後の運営に安心感が持てるようになりました。これからもよろしくお願いいたします。

平成26年7月 小規模事業者持続化補助金補助金

美容エステサロン運営事業者様へサポートを実施し、採択が決まりました。

平成25年10月 小規模事業者活性化補助金補助金

アパレルメーカーへサポートを実施し、採択が決まりました。
お客様の声

当社は平成12年創業のアパレルメーカーですが、少数体制のため、デザイン、制作に注力しがちであり、管理業務になかなか人材・時間が割けず、情報収集も十分でない状況でした。そのような中、天笠税務会計事務所さんよりこの補助金の情報を頂戴し、チャレンジすることとなりました。申請書は文章の構成や数字の整合性など、注意してもしきれない個所が多くあるため、御所のサポートは非常に助けとなりました。非常に手間もかかりましたが、結果として採択も決まり、その補助金を活用し、地方の優れた技術を持つ職人さんとのつながりが生まれ、また新素材を活用した新商品の開発にも結び付きました。さらに補助金の受給までには多くの書類作成がありましたが、今となると良い経験であり、それ以上の恩恵を受けることができたと感謝しています。